Coffee好きITエンジニアのブログ

Coffee, ITなど思いつくままに☆hygge(ヒュッゲ)な暮らしが目標☆

機械学習を体験してみた - Custom Vision Service(Microsoft Azure)

f:id:hirotaka-alegro921:20170901221630j:plain

これ、なんだと思いますか?

 

パーチメントという薄い皮が付いたまま精製されたコーヒー豆で、

できれば焙煎する前に取り除きたいやつなんですね。

(渋みやえぐみの原因になります)

 

で、これを機械に判別させてみました!!!!!!!!!!!

f:id:hirotaka-alegro921:20170901223915p:plain

 

欠 点 豆  94.1% !!!!!!!!!!!!!!!!!

 

じゃあ、普通のコーヒー豆(生豆)

f:id:hirotaka-alegro921:20170901225731j:plain

でやると・・・

f:id:hirotaka-alegro921:20170901225810p:plain

 

キターーーーーーヾ(≧▽≦)ノ

生 豆  99.8% !!!!!!!!!!!!!!!!!

(しかも「コーヒー豆」99.5%)

 

こんな感じで、画像の中の特定のコンテンツを認識させることが

簡単にできる世の中になったんです。

 

今回はMicrosoftが提供しているCustom Vision Serviceを使いました。

※2017年9月1日時点でプレビュー版

 

必要なものは・・・

  • Microsoftのアカウント
  • 学習させたい画像(多ければ多いほどよい)
    ※1タグ(分類)につき5枚以上いります
  • テスト用の画像

以上

 

手順は

  1. プロジェクトの作成
  2. 学習させたい画像をアップロード
  3. アップロードさせた画像にタグ(生豆?欠点豆?など)を入力
  4. 学習させる ([Train]ボタンをポチっとな)

以上

 

あとはテスト画像アップすると

f:id:hirotaka-alegro921:20170901222404p:plain

こんな感じになります。

 

もちろんテスト用に使った画像にもタグをつけることで、学習用データにできます。

 

APIも用意されているので、このサービスを使ったアプリも作れます!

 

ただし!!!

万能じゃありません。できないこともあります。

  • 画像から特定の物体を検出できません。
    (画像を"生豆"と認識しますが、"どこに"生豆があるかはわかりません。)
  • 微妙な違いの検出には適していません。
    (画像を分類しているだけなので。。。)

 

詳しくは本家のドキュメントを参照してください。

docs.microsoft.com

 

先ずは使ってみよーってことで、

毎日飲んでるコーヒーで遊んでみました!

 

これを無料で提供するMicrosoftさんスゴイっす…

 

今後、AIや機械学習はどんどん僕らの生活の身近なものになると思うので

Google翻訳機械学習取り入れてから劇的に精度が良くなったし!

「AIってなにができるの?」「どんなもの?」って少しでも興味を持たれたら

ぜひお試しをーーーー。